定休日の過ごし方 Nobisterのお話

02.07.2011
風実
KawatanaFarm.jpg
KawatanaFarm2.jpg
Rui.jpg
2月5日、6日はNobister定休日でした。
なので私は前から絶対会いたいと願っていた長崎県は川棚町で農家を営む道上裕子さんに会いに行ってきました。

道上さんとの出会いは、私のお菓子作りの洋子先生から頂いた完全無農薬で作られたブルーベリーのジャムでした。それはそれは美味しく、ジャムなのに甘さ控えめであっさりさらっとしていて優しい口当たり、なのに果肉がしっかり詰まっていて美味しいんです。
即行動!!
すぐに生産者の道上さんに連絡をして会うオファーをかけたんですが時間の都合が合わず会うことが出来ませんでした、次のチャンスが訪れアポイントメントが取れたんですがお知り合いにご不幸がありドタキャン、三度目の正直で昨日やっと会うことが出来ました。
道上さんの工房にお邪魔させてもらったんですが何て眺めの良い素敵な立地。
一緒に行った友達のT氏と川棚町に着く寸前まで「田舎より絶対都会派」なんて言ったのも束の間、こんなロケーションなら住みたいとあっけなく田舎派に転向。良い環境なんですよ。
黒白チェックの割烹着を着た可愛い素敵な道上さんは私のイメージ通りの優しい温厚な女性で、話し方や表情が菩薩様のようでした。何だか反省の念に駆られる・・。
ジャムは季節の旬の果物で作るそうなんですが、そうなんです、その果物もご自身で作られてるこだわりなんです、しかも無農薬で。土作りから始まり~種、苗を植え、たくさんの工程を経て収穫、それから特殊な技術を屈したジャム作り、気が遠くなる作業を一人で手作りで全部されてるんです。
品質へのこだわり安全へのこだわり、健康を思う気持ち、そして食育の大切さ。穏やかな道上さんからジャム作りへの情熱を強く感じました、ありがとうございました。



それは美味しいわけだ・・・ですよ。




↑強調の為改行させてもらいます↑
その後、小高い丘の上にある畑も案内してもらいました。空や景色が本当にキレイでした。

道上さんの作るジャム「風実」は川棚町の道の駅で販売されてるそうですが、何と初の正式販売店にNobisterがなりました。誇りに思います。
明日からの販売ですが

きんかんジャム   (140グラム) 450円
キウイジャム   (140グラム) 450円
ブルーベリージャム (140グラム) 480円

是非、長崎、川棚の自然の中で育った道上さん手作りの「風実」ジャム1度お試し下さいね。美味しいですよ(^o^)




さて話しは変わり、長崎は只今ランタン祭り真っ盛り。
新地会場、中央公園会場、浜の町界隈、街はランタン一色に輝いております。
中央公園会場では我等の友達、和田留維ちゃんの焼き小龍包のお店「Chai Delica」長蛇の列でした。
外皮パリッの内からはコラーゲンスープがジュワーっと溢れてくるんです。
先ずは小龍包に歯でちょっと穴を開けそこからスープ堪能後、がブッと一口で行くのが美味しい食べ方でした。
皆さんこれは試さないと損ですよ、4つも入ってたったの300円です。
小龍包を焼いているこの鉄板(何て呼べばいいのか・・)留維ちゃんの故郷は中国から持ってきてるんですよ、すごい!始めてみましたクルクル回る鉄板。焼くパフォーマンスも見ものですよ☆
是非行ってみて下さいね。


良いお休みをいただきました。
明日からまたよろしくお願いします。

Have a great day


Noby
 
関連記事
スポンサーサイト