そこに変わらずある星 Nobism

10.26.2011
夜空が綺麗な季節である。

星が本当に綺麗・・・

前にある人を好きだった時の助言が「彼は第五等星、あなたが暗いからこそ光って見えるただの星」

あの時私にとってオリオン座の第一等星「ベテルギウス」は明る過ぎた。

確かに酷く落ち込んでいた時期だった。

あんなに輝いていた第五等星は今どこにいってしまったのか面影すらない、時がたてばたくさんのモノが変化する。

今現在大事にしているモノもいつかは色あせてゆくのかもしれない。

それに迷って悩んでる事も後になってみれば大したことでもない、相手にとってはその事すら存在さえしないのかもしれない。

今を大事にしなければいけない事も重々わかっている。

星を今日も見上げてる。

いつもそこに変わらずある星。

出逢いと別れを繰り返してるこの時世にも、そこに変わらずある星。

関連記事
スポンサーサイト