イングリッシュラベンダー パンのお話

02.06.2012
こんにはようちゃんです。

今日と明日は3月中旬の温かさで明後日からは大寒波がまた来るそうです、風邪や病気に気をつけましょう。





今日ご紹介しますハーブはイングリッシラベンダーです。


1_20120206080411.jpg


イングリッシラベンダーはシソ科で日当たり、水はけ、風通しが良い場所を好みます。

水やりは表土が乾いたら、たっぷり与えます。高温多湿を嫌うので水のやり過ぎに注意しましょう。

風通しが悪いと花にアブラムシがついたりハダニの発生の原因となるので風通しを良くするため剪定しましょう。

草丈は  20cm~100cm

開花期  5月~7月  非耐寒性常緑小低木です。

肥料は控えめで良く、夏の高温時に肥料を与え過ぎると株が弱る原因になるので株の植え付け時に元肥を与え春先に追肥を少量与えましょう。


ランタン祭りは今日までですね、行きましたか? 私は行ってません。
ランタン祭りが終わるとヴァレンタイン、ひな祭り。春の足音が聞こえてきそうですね。
ノビスタの社長さんは春を飛び越えて夏が待ち遠しそうに去年の夏の終わりからしています。

では良い一週間を!

ようちゃんでした。
関連記事
スポンサーサイト