スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローリエ パンのお話

02.13.2012
こんにはようちゃんです。



今日ご紹介しますハーブは、ローリエをご紹介します。


1_20120213110301.jpeg




ローリエは、クスノキ科でゲッケイジュ(月桂樹)ローレル、ベイリーフ、スイートベイなど別名があります。


古代ギリシャ、ローマの時代から聖なる木とされてきました。

この技葉でつくられた冠(月桂樹)は勝者の証として与えられ、近年でもマラソンの勝者に与えられる場面を見かけます。

葉はパリっとして香が強く葉形は細長い、だ円形と丸みを帯びたタイプがあり、輸入の物のドライには丸葉タイプが多いようです。

スープや煮込み料理などに入れると臭みが取れ、西洋な香りがします。

寒さ暑さにつく、刈込みにも耐え生け垣に用いられるほど丈夫です。 鉢植えでは水切れに注意しましょう。

枝が込み合うと風通しが悪くなり葉が枯れ込んだり、害虫が発生しやすくなります。

収穫をかねて剪定しながら育てましょう。

長く育てると、根元から「ひこばえ」と呼ばれる勢いのある枝が出ることがあります。

根がすでぬに出ているものあるので、これを利用して増やすと早く育ちます。


★育て方
日当たりがよく風通しの良い場所が適する。
半日陰でも育ちますが間延びして枝が細く葉の数が少なくなりがち。

今週また雪が降るそうですね、春はもう目のまえ、寒さももうひと踏ん張りです!!

ではまた来週。

ようちゃんでした。
関連記事
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。