スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールミント パンのお話

03.26.2012
こんにちはようちゃんです。

Nobisterはお休みでしたが皆様の週末はどうでしたか?

私はたくさんの睡眠をとりました。今日からまた頑張ります。

本日のスープは

「チキンとキノコのクリームスープ」

風が冷たい今日にピッタリですよ。




今日ご紹介しますハーブは、クールミントご紹介します。


1_20120326120625.jpg


クールミントはシソ科の多年草です。

★適した場所・・・ 日当たりがよく、排水性の良い場所を好むが、半日くらい日があたる半日陰でもよく育ちます。


★水やり・・・ 表土がやや乾いたら、たっぷりと水を与えましょう。 梅雨時期は過湿と日照不足で徒長しやすいので水やりの回数は控えめ、夏はやや多めに。


★病害虫 通気が悪いとハダニ、アブラムシ、イモムシ類が発生しやすいです。イモムシ類は食欲旺盛で被害が大きいのて、早めに駆除しましょう。


★植え付け・・・ 地植えでは株間を広くとるか、鉢を土中に埋めて植えるとよいでしょう。


★肥料・・・ 肥料は与え過ぎると香りが弱まりますが、養分が不足すると株がやせて葉が小さくなります。元肥を与え、生長に応じて少量の追肥を与えましょう。


★作業・・・ 収穫をかねて切り戻しをしながら育たてましょう。株が込み合うと株元から蒸れて枯れ込むので、7~8月上旬頃に地ぎわから10~15cmほど残して深く刈り取りましょう。


★利用部分及び用途・・・ ティー、サラダ、デザートの飾り付け、バス、ポプリ、クールミントはガムやキャンディに利用されスーッとする清涼感ある刺激的な香りで、花は白い花が咲ます。

ではでは今週も頑張りましょうね。

ようちゃんでした、又来週。



関連記事
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。