精霊流し Nobisterのお話

08.17.2012
「精霊流し」は長崎市のBiggestイベントと言っても過言ではない。
おくんち、ランタン祭りを凌ぐイベント。

我等のノビスタでは去年に続き、立ち飲み、露店開催!

たくさんの人が行き交い、爆竹、花火の音が鳴り響く中、ノビスタの夜がオープンした♪




お馴染み、ノビスタ催事担当
「ノビスタガールズ」with浴衣。

でも声出し番長あやちゃん不参加に変わり、ピンチヒッターのあやか嬢が手伝いにきてくれたサンクス。





すみません
うちの看板娘(?)ヨーデル↑↑↑



精霊流しは一見、どんちゃん騒ぎのお祭り騒ぎ!

故人の個性を元に派手に飾られた船。

この日だけは許される爆竹、花火の半端ない量に音。

お酒やジュースを飲みながら船を押し歩く担ぎ手さん達。

さだまさしさんが歌う精霊流しのイメージとは程遠く感じるけど、実際に船を流す時は、涙を流し、静かに手を合わせるているものなのだよ。








色んなドラマがあるんだよね


死をもって教えてもらうことがたくさんある







誰も何にも言わないけど
大変なんですね


誰も何にも言わないけど
頑張ってるんですよ

あなたも
あなたも
あなたも






たくさんの人との出会いあり再会あり


















残り少ない夏を楽しもう
今をしっかり生きなきゃ


感謝しながら。。


と、つくづく、しみじみ思う長崎の8月15日の夜。



手伝ってくれたファミリーの皆、いつもお世話になっている先生、ありがとうございました。








ミアゲテゴラン
ヨルノホシヲ.....
関連記事
スポンサーサイト