スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

stickwitu Nobism

01.24.2016
大雪
















大雪の日は独り















大雪の日は初心に帰る日
大雪の日は復習の日
大雪の日は自分と向き合う日になってるんだろな
















と、思い今日も1人で雪を眺める


























やっぱり
これはどーも避けられんみたい^_−














2011年、お店をオープンする数日前の年末年始も記録的な雪。お店の中からしんしんと降る雪をあの日も独りで見ていたな。
















13年前名古屋在住
寒さが厳しい冬でした。
















名古屋の夜の街、錦三、厚化粧、つけま、カラコン、セットした頭、真冬なのに不釣り合いな露出の多いドレスに全く合わない厚手のコートを着て深夜、名古屋市の広小路通りを家へとドライブ















新栄を過ぎた頃に前が見えないほどの雪、吹雪





























千種駅辺りで車を停めて、相方、妹、かんちゃん、東京の親友達に電話した


















雪を見て興奮したのか寂しかったのかよくわからなかったけど
私をよく知る人の声が聞きたかった


















Nobody answered me unfortunately
















携帯を握りしめて、車内から雪が振る姿をみていたな
















細やかな幸せを感じたと思っていた
急に寂しい気持ちが湧いてきて突然虚しさが勝ち始めて、孤独感、虚無感、絶望感。






























色々な思いや、思い出、現状、未来が錯綜して混乱して怖くなって声を出してワンワン泣いた















stick with you














雪に埋もれてしまいそうな大雪の中
Pussy cat dollesのstick with youが流れていたな















あの日にアメリカ行くことを決めたんだった。















あの日がなかったら
あの愛おしいアメリカの日々も
この愛おしいNobisterの夢もなかった。

















大雪の日は初心に帰る日
大雪の日は復習の日
大雪の日は自分と向き合う日になってるんだろな















stickwituも聴きたくなる
私の大事な一曲
仲間とシェアする大切な一曲
貴方がくれた大事な一曲
















この曲を聴いても同じく、あの大雪の日を思い出す

















そして、いつかの未来の大雪の日にも又今日の事や名古屋での日々の事を思い出すんだろな





























幾つになっても、新しい雪の上を歩いて、雪を踏んで、足跡をつけて遊ぶ















Life is so cool















Life is so cool


























ちゃんちゃん♪



くぅーちゃんぱくり(^ー^)ノ
関連記事
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。